東京の不動産投資会社を口コミ・評判で選ぶ
東京不動産投資会社 > 不動産投資ノウハウ > 不動産投資を行うことで節税になる仕組みを解説

不動産投資を行うことで節税になる仕組みを解説

Pocket

不動産投資を行うと節税になるのはなぜなのか?

あなたは不動産投資を行うとなぜ節税になるのか、その仕組みをご存知でしょうか。

実はこの節税できるという仕組みは、確定申告のシステムが理由としてあります。

例えば、もしあなたが1部屋だけでも不動産を購入して運用しているとそれはビジネスの経営として見られますので、基本的にはその不動産の運用で赤字であっても黒字であっても確定申告を行う必要があります。

ここでポイントとなるのは、不動産の運用時に必要となる固定資産税や部屋の修繕費などの費用はビジネスにおける必要経費として申告することができるということです。

そしてこれらのことを必要経費として申告することができると実質は黒字だったとしても、税務における書面上では赤字になることがあるのですが、その赤字分を会社からもらっている給与から差し引くことができるのです。

その結果、課税対象となるのは給与所得から赤字分を引いた額だけとなります。

通常サラリーマンのように会社からお給料をもらっている場合だと、会社からの給与が全て課税対象になるので、そういったことを考えると不動産投資をしたほうが節税出来るという仕組みになるわけなのです。

不動産投資の節税は一生続くというわけではない?

さて、ここまでは不動産投資を行うことで節税となる仕組みについて解説してきたのですが、実はこの節税の仕組みというのは一生続くというわけではありません。

どういうことかと言いますと、不動産投資の運用が成功して黒字の部分が大きくなっていくと、当然ですが確定申告時に固定資産税などを経費として申告したとしても税部上赤字になることがなくなります。
そうなるとこれまで課税対象になっていた給与所得から差し引かれていた分がなくなるので、それによって節税の効果がなくなってしまうのです。

ただし節税効果はなくなってしまいますが、その分黒字化できているという意味ですので、特に大きな問題になることはありません。
ですので、短期間だけでも節税を不動産投資によって行いたいと考えているのであれば、取り組む価値は十分にあると言えるでしょう。

おすすめ不動産投資会社3選
3 RECOMMENDED COMPANIES

1

ジェイ・ピー・リターンズ

特長
  • 空室があっても35年間家賃保証なので安心
  • 10年間家賃固定なので家賃相場が下落しても心配なし
  • 入居者退去時の原状回復費はJ.P.RETURNSが負担
  • 管理費・修繕積立金が35年間変わらない
  • 家賃管理やトラブル対応など管理業務は全ておまかせ
  • ひとりのエージェントが一貫して担当
所在地 東京都千代田区有楽町1-6-4千代田ビル8F
TEL 03-5510-3610
ホームページ http://jpreturns.com/
セミナー情報 http://jpreturns.com/seminar/
2

ジー・ピーアセット

特長
  • 独自の物件販路
  • 快適で質の高い建物管理
  • 安定し安心いただける不動産投資サポート
  • 年間300件以上の実績
所在地 東京都渋谷区代々木2-10-8 ケイアイ新宿ビル5階
TEL 0120-86-4981
ホームページ https://www.gp-asset.co.jp/
セミナー情報 https://www.gp-asset.co.jp/seminar/
3

ギブコム

特長
  • 中古マンション投資に強い
  • 徹底して立地を絞る
  • 自己資金100万円以下でも可能
  • 修繕費用も補償する「安心プラン」
所在地 東京都品川区東五反田4-5-2 五反田NTビル1F
TEL 0120-574-090
ホームページ http://www.givecom.co.jp/
セミナー情報 http://www.givecom.co.jp/seminar/schedule/

不動産投資ノウハウ
AND MORE

PAGETOP
© 2017 東京不動産投資会社