東京の不動産投資会社を口コミ・評判で選ぶ
東京不動産投資会社 > 不動産投資のリスク対策 > 家賃滞納リスクの対策法はどのようなものがある?

家賃滞納リスクの対策法はどのようなものがある?

Pocket

不動産投資において対策しておきたい家賃滞納のリスク

不動産投資では成功させるためにあらゆるリスクに対応していく必要があります。
その中でも特に真剣に対策をしておかなければいけないのが、家賃滞納というリスクです。

あなたもご存知の通り、不動産投資では入居者から家賃を回収していくことで初めて収益を得られるようになります。

それなのにも関わらず家賃滞納が起きてしまうと収益を出すことができず、上手く資金のやりくりが出来なくなり、最悪の場合、ローンが返済できずに不動産投資に失敗してしまうこともあるのです。
だからこそ不動産投資に取り組む時には必ず家賃滞納リスクへの対策法を学び準備しておくべきなのです。

では家賃滞納リスクへの対策法はどのようなものがあるのでしょうか?

家賃滞納リスクへの対策法

家賃滞納リスクへの対策法1.賃貸管理代行サービスに依頼をする

現在では数多くの不動産投資会社などが家賃の回収などを含めて賃貸管理を代行するサービスを提供しているので、それを活用すれば手間を掛けることなく、また効果的に家賃滞納リスクについての対策が出来るようになります。

またこういった賃貸管理代行サービスでは家賃を滞納しないような身元がしっかりとしている人のみを入居させるように審査をしてくれるところもあるようですので、そういった面から見てもこのサービスは家賃滞納リスクへの対策法としては非常に効果が高いと言えます。

もちろん、その賃貸管理代行サービスを利用する費用は発生しますが、家賃滞納リスクを最大限に抑えることが出来るということを考えると払う価値は十分にあると言えるでしょう。

家賃滞納リスクへの対策法2.保証人や保証会社を入居への条件とする

入居するための条件として保証人や保証会社を立てるというものを決めておくのも1つの対策法です。

なぜなら保証人や保証会社さえいれば家賃が滞納してしまったとしても、最悪の場合そういった人達から家賃を回収することが出来るからです。

ということで、ここまで家賃滞納リスクへの対策法について解説してきましたがいかがでしたか?
ご紹介した2つの対策法以外にも細かい家賃滞納リスクへの対策法はありますが、まずはこの2つを最低ラインの目安として対策しておくことをオススメいたします。

おすすめ不動産投資会社3選
3 RECOMMENDED COMPANIES

1

ジェイ・ピー・リターンズ

特長
  • 空室があっても35年間家賃保証なので安心
  • 10年間家賃固定なので家賃相場が下落しても心配なし
  • 入居者退去時の原状回復費はJ.P.RETURNSが負担
  • 管理費・修繕積立金が35年間変わらない
  • 家賃管理やトラブル対応など管理業務は全ておまかせ
  • ひとりのエージェントが一貫して担当
所在地 東京都千代田区有楽町1-6-4千代田ビル8F
TEL 03-5510-3610
ホームページ http://jpreturns.com/
セミナー情報 http://jpreturns.com/seminar/
2

ジー・ピーアセット

特長
  • 独自の物件販路
  • 快適で質の高い建物管理
  • 安定し安心いただける不動産投資サポート
  • 年間300件以上の実績
所在地 東京都渋谷区代々木2-10-8 ケイアイ新宿ビル5階
TEL 0120-86-4981
ホームページ https://www.gp-asset.co.jp/
セミナー情報 https://www.gp-asset.co.jp/seminar/
3

ギブコム

特長
  • 中古マンション投資に強い
  • 徹底して立地を絞る
  • 自己資金100万円以下でも可能
  • 修繕費用も補償する「安心プラン」
所在地 東京都品川区東五反田4-5-2 五反田NTビル1F
TEL 0120-574-090
ホームページ http://www.givecom.co.jp/
セミナー情報 http://www.givecom.co.jp/seminar/schedule/

不動産投資ノウハウ
AND MORE

PAGETOP
© 2017 東京不動産投資会社